サイトマップ
HOME > 契約書工房

契約書工房

契約書作成相談、文案起草、文案チェック、各種標準契約書への特約条項考案、
契約書作成時の当事者のリスクヘッジ、法令との整合性、根拠を盛り込む等、対応いたします。
メールでの無料相談も実施しております。メール無料相談

契約書工房での書面作成から送付までの基本的な流れ

契約書作成の基本的な流れ

契約書の存在が重要になる状況

(1)各業種の標準契約書で契約をする場合
不動産売買や賃貸借契約、業務請負等を業界の標準契約書を使用して契約することが多いです。しかし、これらはあくまでも標準的な条項をまとめたものであり、 個別の条件や条項を盛り込んだものではありません。個別の案件を精査し、必要な事項は特約条項として契約することはトラブル回避に重要です。

(2)請負業務が口頭でのみ行われている
個人事業等で業務請負をしているような場合、請負契約書が作成されず、代金未払いや請負金額をめぐってトラブルが発生することがあります。 相手方の所在を明確にしておくこと、および請負代金請求時の証拠資料という意味でも、書面にしておくことは重要です。

(3)個人間売買
個人間売買では契約書を作成しない場合も多く、代金でのトラブルや目的物の状態をめぐるトラブルが発生した際に解決ができない場合があります。 このような場合、契約書を作成した上で瑕疵担保責任や危険負担を明記することでトラブル時の対処になるとともに、トラブルの予防的効果も期待できます。

    
ご注意 

強行法規に反するもの、公序良俗に反するような契約書の作成は承ることはできません。

    

ページトップ